ゆってぃ『誰得!? なりきりハードコア』第4回:Shelter『Mantra』

連載・コラム

[2019/11/18 12:00]

地元の友達と音楽をdigりまくってる頃に(言いたいだけ)、ハードコアの音にラップがのってる音楽が流行ってた時期があって、そのときに誰かが見つけてきたアルバム。クリシュナコアと世間では呼ばれてるんですね。地元にクリシュナの寺院?道場?みたいのあって、レイ・キャポさんいるかも!ここでShelterのライブやるんじゃね?とかみんなでドキドキしてたの覚えてます。よく考えたら、やるわきゃねーだろ!あの頃の俺たち!

あんましハードコアな感じではなくミクスチャーぽいですね。今で言う、メロコアっぽい曲もあったりして、全体的に聴きやすいです。“聴きやすい”の対象はハードコアイヤーをお持ちのお客様になりますが。

この後、レイ・キャポさんが、ゴリゴリハードコアのBetter Than a Thousandをやり始めます。村上春樹で言う『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』『羊をめぐる冒険』の三部作。レイ・キャポさんは『YOUTH OF TODAY』『Shelter』『Better Than a Thousand』で三部作。いつかクリアしたいと思います。

(※次回は12月中ごろワカチコ予定!)

ゆってぃ

バラエティ番組『爆笑レッドカーペット』での活躍後、お笑いライブや営業、バラエティ番組を中心に活動する。FC東京のサポーターとして、365日FC東京モバイル『ゆってぃの青赤ワカチコ』連載中。パーティーバンドTOKYO FRIDAY NIGHTのボーカルとしても活動する。アーティストのジャケットをコピーする「#ゆってぃジャケ」もTwitterにて展開中。