グラビアサイトで快挙……ChelsyのベーシストSHIZUKAのエロカッコよさにメロメロな人が続出

特集・インタビュー

[2017/6/30 17:00]

『月刊シリーズ』のグラビアサイトで史上初ッ!

キュートなルックスと瑞々しい歌声、確かな演奏力が持ち味のスリーピースガールズバンドChelsy。同バンドでベースを担当するSHIZUKAが自身の新たな活動のひとつとして、“伝説”とも言われる写真集『月刊シリーズ』の有料会員サイト『月刊デジタルファクトリー』にてグラビア作品『SHIZUKA LoveLace』をリリースした。5月1日より配信を開始した『SHIZUKA LoveLace』だが、配信当初から注目を集め、一時は同作品のvol.1からvol.3がサイト内のアクセスランキングにてトップ3を独占。同一人物の作品でトップ3を独占するのは同サイト史上初の快挙! 音楽ファンはもちろん、グラビアファンも魅了しているSHIZUKAとは何者なのか……!? 魅力的すぎる彼女に直撃だ!

<耳マンのそのほかの記事>

女の子にとって下着がいちばん可愛い服だと思う

——ベースの専門雑誌『ベース・マガジン』の撮影で魚住誠一氏と出会ったことがきっかけでグラビアに挑戦することになったとか?

そうなんです。魚住さんもバンドマンなので意気投合して、いろいろなアイディアをいただいて。でも、私としては“挑戦”って言う感覚は全然ないんです! やりたいことをやっているだけっていう感じで、グラビアと思ってやっているわけでもなくて。

——グラビアだと思っていない?

女の子って服を着てるよりも、肌が見えてるほうが綺麗だと思うし、私は下着がいちばん可愛い服だと思っているんです。もともと外国人がモデルになってるカッコいい下着の広告を見るのが好きで、そういうイメージの作品にしたいなって。

——確かに外国人っぽいスレンダーなスタイルですね。

ありがとうございます! 日本人のグラビアって写真もパキッとしてて、バストが綺麗に写るようにするみたいな雰囲気もあると思うんですけど、外国人のグラビアって服とか背景とかも含めてポスターみたいでカッコいいじゃないですか? そういう世界観が好きなんです。

——エロっていうよりもカッコいいっていうイメージ?

そもそも私が脱いでもどエロい感じにならないですし(笑)。魚住さんも最初からそれを言ってくれていて、それで下着もやってみようと思ったところもあるんです。

——とは言え、バンドとは違う緊張とかってあったりしないんですか?

ライブのほうがたくさんの人が見てるから緊張します(笑)。でもやっぱり、ライブとは違ってモデル経験はそんなにないので、ポージングとかはやっていくなかで勉強しました。

いちばん憧れている人は……

——改めて素晴らしいスタイルですが、どんなところに注目してほしいですか?

う〜ん、バストよりは脚ですかねぇ。

——その美脚の秘訣って何かあります?

運動は苦手で好きじゃないので、全然しないんです。ストレスをためないで、したいことをして食べたい物を食べる!

——ちなみに、好きな食べ物って?

体に悪いものが好きなんですよね、ラーメンとかハンバーガーとか。でもそういう物を続けて食べないように気にはしてます。

——グラビアの撮影の前って体を作り込んだりするんですか?

腹筋がゴリゴリに割れてるのも女性っぽくないから、そういうのはやってないですけど……下着の跡がつかないようにブラをしないで寝たり、そういうことはしています。

——ブラしない!?

はい(笑)。撮影の場所に行くときも跡がつかないようにワイヤーがユルいブラをして行ったりしますよ。私もこれまで知らなくて、魚住さんに「ブラして来るなよ!」って言われて。

——いろんな配慮が必要なんですねぇ……。グラビアのライバルっていますか?

外国人の世界観が好きなので、あまり日本人で意識はしたことないですけど……内田理央さんとか白石麻衣さんとか、やっぱり“エロ!”って感じでやっていないような、作品としてカッコいい人が好きです。

——なるほど。じゃあやっぱり憧れているのは外国のモデルさん?

う〜ん……いちばん憧れてるのは亀田誠治さんです。

——え!亀田誠治!?

やっぱりベーシストなので(笑)。

——ここでまさかの亀田誠治(笑)! 男性のタイプも亀田さん的な人?

男性のタイプは……一緒にいて楽しい人がいいです。顔は二重のぱっちり系よりも一重が好きですね。

グラビアをやったことで衣装が薄着に……!?

——このグラビアをどんな人に見てほしいですか?

グラビアファンの方にはこれを通してベーシストとしての私も知ってほしいし、女の子にも見てほしいです。最初、ミュージシャンでこういうことをやってる人ってあまりいないから、反応が気になってエゴサーチしたんですよ。そうしたら「ガールズバンドってこんなことしないといけないの?」とか「なんでここまでするの?」とか書かれてて……。ちょっと傷つきましたけど、やりたくてやっていることだし、これをきっかけにChelsyのファンが広がったら嬉しいです。

——これまでにリリースしている作品で自身のお気に入りは?

vol.2とvol.4かなぁ。vol.2は下着のショットがたくさんあって「全部出しちゃったね」っていう感じ、vol.4はプレイボーイ誌みたいな雰囲気で、海外っぽい雰囲気でまとめてあります!

——今グラビアのほかにやってみたいことはありますか?

Chelsyはみんな作曲をするんですけど、アイドルに曲を提供したいってずっと思ってます。私は自分の恋愛経験を曲にするとかそういうタイプじゃなくて、作家タイプっていうか、コンセプトがある曲を作るのが好きなんです。だからアイドル曲とかアニソンとか、わかりやすくて楽しい曲を作って提供したいです。

——さて、5月24日に『WILL BE FINE TOMORROW』をリリースしましたが、こちらは新たなChelsyサウンドになっていますね。

そうなんです。今まではロックなイメージの曲が多かったですが、今回はギターも全部アコースティックでかなりポップに仕上がっています。ベースも難しい曲がありましたけどすごく成長できました。

——グラビアをやってベースプレイもエロくなったんですかね(笑)?

どうなんでしょうね〜(笑)。でもグラビアをやったことで衣装が薄着になってもOKかなって。今までは鎖骨を出したいなって思っても遠慮してましたけど、下着までいったからもう全然アリでしょ!

——いろいろ期待してます(笑)!

はい! みなさんもぜひライブ会場に遊びに来てください。

『SHIZUKA LoveLace』

月刊デジタルファクトリーにて配信中
有料会員(月額300円コース、1000円コース、1500円コース)詳細・会員登録はサイトにて確認
※サイト内に『月刊デジタルファクトリー』へのリンク入れます

ライブ情報

7月2日 東京・SHIBUYA CLUB QUATTRO
開場16:45/開演17:30
スタンディング 4,000円(税込)/当日4,500円(税込)
※未就学児入場不可
※入場時にドリンク代別途必要
チケット販売中! 詳細は下記リンクをチェック!

[Oh!!ビーフ]