やっぱりフー・ファイターズは最高だった……! エレカシやTRF、INABA/SALASなど多彩な出演者で大興奮のサマソニレポート

特集・インタビュー

[2017/8/26 12:00]

天候にも恵まれ大盛況だったサマソニ2017

開催前は雨の予報、8月19日は都内では天気が荒れていたので心配された『SUMMER SONIC 2017』(以下、サマソニ)でしたが、会場(東京)の幕張エリアは夕方に少し雨が降っただけで快適に過ごせました。今年はカルヴィン・ハリスとフー・ファイターズという別タイプのヘッドライナーを迎え、多種多様なラインナップ。深夜に開催された関連イベントのソニックマニア、ホステス・クラブ・オールナイターも豪華でしたね(行けませんでしたが……)。個人的に一番見たいのはフー・ファイターズ! 2日間、いろんなライブを観ることができたのでそのレポートをお届けします。

Yoshika Horita

<耳マンのそのほかの記事>

【レポート/8月19日】

★エレファントカシマシ★

ベテランの実力を見せつけた大満足セットリスト

ボーカルの宮本(浩次)さんが「じゃあ始めます」とシンプルな挨拶をして、1曲目の『ドビッシャー男』がスタート。曲が終わると「ようこそ! サマーソニック! 俺が開催してるわけじゃないけど、ようこそ! 比較的ヒットした曲を聴いてください」と『悲しみの果て』『今宵の月のように』とヒット曲を連続で演奏。少し声が枯れてる?と思ってたら1曲目で声が枯れてしまったと自ら告白されてました。中盤から後半に向けてはMCは少なくなり、立て続けに曲を演奏。圧巻だったのは『ガストロンジャー』。ステージを動き回り激しい曲調にオーディエンスも大盛り上がり。そこから『俺たちの明日』でクールダウンし、さぁがんばろうぜ~!という前向きなフレーズで終わり……と思っていたら、スタッフさんと小声で話したあと、「ありがとう、勝手にアンコールやります!」と、いきなり『ファイティングマン』を演奏し、時間の限り演奏してくれました。宮本さんのオモシロMCのなかでも「日本の曲です、全部日本の曲だけど!」という言葉がとてもエレカシらしい言葉だなと印象に残りました。ベテランバンドがフェスの限られた時間のなかで演奏するときのお手本のようなセットリストで、バンドの魅力が凝縮された素晴らしいライブでした。

★ブラック・アイド・ピーズ★

ファーギー不在もズバ抜けたエンターテイメント性

バスで幕張メッセからZOZOマリンスタジアムに移動し、ブラック・アイド・ピーズへ。少し雨が降ったみたいで、アリーナのマットが濡れていました。今回は紅一点のファーギーがいない(※近年の活動には不参加)ので少し寂しい気持ちもありましたが、ライブが始まれば一気にみんなが笑顔でスタジアム全体が踊りだし光り輝く空間に! 後半にはゲストに元2NE1のCLが登場し『Where Is The Love』『I Gotta Feeling』でファーギーのパートを歌っていました。彼女がブラック・アイド・ピーズに加入するって噂もあるらしいですね。再結成したブラック・アイド・ピーズは、変わらず最高のエンターテイメントグループでした。ファーギーと一緒にやっているところも見たいですね。

SUMMER SONIC All Rights Reserved.

ベッド・イン、きゃりー、TRF……バラエティ豊か!

サマソニで最高だなと思うのが、海を見ながらライブが見れるビーチステージですが、今年の朝一番に登場したのが“地下セクシーアイドル”のベッド・イン! ふたりともハイレグ水着だった! 最高でした。きゃりーぱみゅぱみゅ&中田ヤスタカは音圧がすごくて身体に振動がくるくらいの重低音。かわいい!と思って観ていましたが、音がめちゃくちゃかっこ良かった。

え?この人が?って意味で飛び道具的な出演者といえばTRF! みんなが歌える曲を連発し、オーディエンスも大合唱! 「熱いんで~この曲を歌います~」と『寒い夜だから』が始まったとき、SAMさんの名前の由来が「寒がりだから」と聞いたことがあるので、暑くはないのかな?と思いました。最後の『survival dAnce 〜no no cry more〜』のときに「終わらない~続いていくさ~サマーソニック」と歌詞を変えて歌ってて、さすがベテラン!と思いながら踊りまくりました。そのあとはメッセに戻ってカサビアン。前日のソニックマニアにも出ていた働き者! まだ新人バンドだった頃にフェスで観ていたので、トリを飾るくらい大物になったんだなぁとしみじみしてしまいました。最後に花吹雪がめちゃくちゃキレイでした!

【レポート/8月20日】

★INABA/SALAS★

ふたりのユニットというより……これはもうバンドだ!

シンプルでわかりやすい名前!同時に安易!とも思ってしまった、すみません。昔、B'zもスティーヴィー・サラスもライブを観たことがあったので、個人的にもすごく懐かしさもありました。もともとはB'zの松本(孝弘)さんとサラスが雑誌で対談して仲良くなったのが、今回は稲葉さんと組んだのがおもしろいですね。ステージに登場した稲葉さん、声も姿も変わらなくてかっこ良くて本当に凄い。サラスは渋いおじさまになったなぁ。スタジアムのライブに慣れている稲葉さんは左右のスクリーンの下の方まで何度も移動し、観客を煽って盛り上げる。サラスのギターは相変わらずファンキーで、これがB'zとの音の大きな違いですね。バックバンドとの相性もばっちりで、ふたりのユニットというよりバンドに見えました。国内外の出演者が出るサマソニには、最適な出演者だったのではないでしょうか?

VERMILLION RECORDS

★フー・ファイターズ★

サプライズゲストも! 大満足すぎたヘッドライナー

今年のサマソニでは幕張メッセにフー・ファイターズのブースが作られていて、メンバーのかわいいマトリョーシカのパネルが撮影スポットになってました。さらに、彼らのビニールバッグの配布、新譜の予約または旧譜の購入をすると限定タオルがもらえるというイベントも開催。朝からのビニールバッグの配布には長蛇の列ができていて、彼らのライブへの期待も高まります。

マトリョーシカのパネル
Yoshika Horita

そしていよいよフー・ファイターズが登場! 『All My Life』『Learn to Fly』と定番ソングから始まりました。「日本には20年くらい前から来てるからオールドソングやるぜー!」と『Big Me』からの、老人が暴れるオモシロPVも魅力の新曲『RUN』へ。メンバー紹介からボーカルのデイブ(・グロール)とドラムのテイラー(・ホーキンス)が入れ替わり、クィーンの『Under Pressure』を披露。元のパートに戻ったデイブが「2分前にあったばかり!」と紹介したのはメッセに出ていたリック・アストリー! マイクを持ったリックが「マ●ーファッカー!」と絶叫して、フー・ファイターズ全員が大爆笑! そこからニルヴァーナの『Smells Like Teen Spirit』風の演奏から、リック・アストリーのヒット曲『Never Gonna Give You Up』のカバーへ! 最後は花火が上がって、みんなニコニコ笑顔で終了!

花火キレイ!

リック・アストリーとのコラボのきっかけは、数年前にフー・ファイターズが宗教団体への抗議活動をしたときに彼の曲を流していたのが縁みたいですね。数ヶ月前に亡くなったサウンドガーデンのクリス・コーネルがドラムセットに描かれていたのを涙なしには見れませんでした。明るく楽しく、それが強さになってるのがフー・ファイターズなんだなぁ。今度出るアルバムも楽しみですね。

★多彩なアーティストが集結★

そのほかにも2日目は、声優好きの友達に勧められたOLDCODEXは、ペイントしながら歌うという斬新なスタイルが楽しかったです! グリムスパンキーはリハーサルからご本人が演奏してて、早めに始まったと勘違い。めちゃくちゃかっこよかった! ROYALBLOODはベースとドラムのみとは思えない音圧でスタジアムに重低音を響きわたらせていて、フェスの常連MAN WITH A MISSIONは客席にダイブしたときにマスクはずれないよね?っと心配してしまいました。

2020年は開催なし!? 来年のサマソニにも期待です!

世界一のDJ、ベテランロックバンド、アイドルとそれぞれが魅力のあるライブを見せてくれた『SUMMER SONIC 2017』。ライブだけではなく、朝からイベント全体を楽しむお客さんがたくさんいたのが印象的でした。また、会場には亡くなったリンキン・パークのチェスター(・ベニントン)を偲ぶパネルがあったことをお伝えします。何度も出てましたもんね。

チェスターよ安らかに

オリンピックが開催される再来年は開催されない可能性が高いそうですので、そのぶん来年のサマーソニックはすごい出演者が決まってることでしょう! また来年!

[オバッチ]