『ゴッドタン』の即興ソング企画から生まれた名バラード『大丈夫』/眉村ちあき連載・第9回

連載・コラム

[2019/6/3 17:00]

ついに6月4日、東京・新木場STUDIO COASTにて自身最大規模のワンマンライブ『眉村ちあき 3rd ワンマンライブ^東京湾へダイビング!~』を開催する“弾き語りトラックメイカーアイドル”眉村ちあき。ほぼフィーリングで歌詞を考えているという彼女に、あえて歌詞について語ってもらうコラムをお願いしちゃおーっと!


第9回:すべての人を肯定する『大丈夫』


2018年10月に放送されたバラエティ番組『ゴッドタン』内では、『スナック眉村ちあき』として、眉村が悩める芸能人を励ます1曲を即興で歌う企画が放送された(その後、同コーナーはレギュラー化された)。お笑い芸人同士による本気のダメ出しや愚痴が繰り広げられて緊張感ただようスタジオのなかで生まれたのが、すべての人を肯定する優しいバラード『大丈夫』だった。

<耳マンのそのほかの記事>

『めじゃめじゃもんじゃ』発売日にスタッフさんたちともんじゃ食べに行ってバカでかい花もらってありがとうございますの大号泣ダンス

とってもうれしかった反面とっても不安だった『ゴッドタン』の即興ソング

Ohayo、ちちやんだよ。メジャーデビュー後最初のコロム! あたかも令和! マユムラーにたくさんおめでとうを伝えたいな!!!! あと最近は、突然ちゃんと教習所に通い始めた。わぽさん(※)が勝手にスケジュールに入れてくれるから。デキる部下だな。
(※編注:眉村が代表取締役社長を務める株式会社・会社じゃないもんの役員。杉並区のライブハウス・阿佐ヶ谷家劇場のオーナーでもある)

今回は5月7日に発売されたメジャーファーストアルバム『めじゃめじゃもんじゃ』から、『大丈夫』についてコロムろうと思います。この曲は最初、『ゴッドタン』で即興ソングとして誕生しました。カウンターにいる芸人さんたちのお悩みを聞いてその背中を押してあげられるような曲を即興で作る『スナック眉村ちあき』ってコーナーです。自分の名前がコーナー名に入ってて、とんでもなくびっくりでした。ありがとうございます。光栄です!

最初にお話をいただいたときは、とってもうれしかった反面とっても不安でした。「テレビに出るという経験がほとんどない私が、テレビにたくさん出ている芸人さんたちの悩みを聞いて背中を押すって、そんなの神じゃないんだから正解なんてわからないしどうしよ! 私なんかが悩みを解決することできんのか……?」って気持ちでした。芸能界にずっといる方々に対してこんな新人が何かを言える立場じゃないのではないかとか、そもそも生きてる年数が、人生の経験が私よりあるんだから自分で乗り越えなよ!とか思いつつ、もし即興ソングがうまく出てこなかったら……って考えてゾッとするの繰り返しでした。

そんな自分の姿と、『スナック眉村ちあき』の芸人さんたちの悩みが重なった

収録前日、私は“下北沢ろくでもない夜”というライブハウスに行きました。そこのスタッフさんたちはみーんな仲良くしてくださってて、私がお客さん0人のときからずっとお世話になってるところです。「明日こういう収録があるんだけど、私は芸人さんたちになんて言ったら背中を押せると思いますか……!」ってビール飲みながらもう半泣きでした。絶対にいい回にしたかったから、自分で自分にプレッシャーかけてたのかもなあ。

店長はそんな私に「“まわりの期待”と“ちあきが感じてるプレッシャー”は違うんじゃないか。たとえば、ちあきがベストだと思って行動したとしても、それは本当にまわりが求めていることなのか? 呼んでいただけたってことは、今のお前でいいってことだよ」って、こんなようなことを言ってくれました。いっぱい安心させてくれて、私変に背伸びしようとしてたなって気づかされました。

『ゴッドタン』って、芸人さんたちがとってもおもしろい番組だから、私そのなかでおもしろいこと言えないよって思ってたけど、私に求められてるのはおもしろい発言じゃなくて歌を歌うこと、しゃべりは芸人のみなさんに身を任せて気楽にやろ! あと店長は、「きちんと挨拶をして、礼儀正しくしたら大丈夫だよ」って言ってくれました。だから私、収録は自分らしく挑もうって思いました。そんな自分の姿と、あの日『スナック眉村ちあき』にいらっしゃった芸人さんたちのお悩みがなんとなく重なって、『大丈夫』って曲ができました。

今は『大丈夫』って曲に、まったく共感できない自分がいます

このコラム、曲の解説とかこだわりとかをいつも書いてるんだけど、この曲は即興で生まれたからとくにこだわりとかないんです。即興だったからこだわってる時間はなかった……。

ところで、今は『大丈夫』って曲に、まったく共感できない自分がいます。今は「ライブで手応えがなかった」と感じることがないし、最新が1番最高だって気持ちで歌ってるし、きっとよく私のことを見てくれてるファンの人たちは気づいてると思います。けど、自分の歌は必ず自分が1番共感してないといけないわけではないし、フィクションの歌もたくさんあるし、何よりライブで聴いてくれる人がこの曲を聴いて喜んでくれるから、私は歌い続けようって思います。

そうだ。最近私エゴサーチするのをやめました。否定的な意見をまったく見なくなったから傷つくことはなくなったけど、その代わりにみんなのリアルな意見を頻繁には聞くことができなくなりました。どうしたらいいかわかんないけど、しばらくこれでやってみようと思います。

だからこそ現場の反応が私のすべてになっていて、極端な話、「動画観ました! いい曲だね!」って言ってもらうよりも現場でみんなの顔とか見て、ぼーっとしてたりニコニコしてたり踊ってたりっていう反応を信じてやっていこうって思ってます。変わるかもしれないけど。現場のみんなの反応って、何よりも信じられるものだと思ってるし、ていうかそんなこと関係なくマユムラー大好きだから! にこり。

ネットの意見はもう聞かなくなった私がこの歌を歌うなら、自分で感情移入するよりも聴く人のためだけを想って心を込めたほうが絶対いいから、これからはそうするね! ひとりでこれ書きながら解決しちゃった! ありがと!!!!!

『眉村ちあき「大丈夫」MV』


(編集:原田イチボ@HEW

リリース情報

初全国流通アルバム『ぎっしり歯ぐき』が、2019年1月9日より発売中。さらにTOY’S STOREでグッズの取扱も開始。5月7日よりメジャーデビューアルバム『めじゃめじゃもんじゃ』も発売中。

『めじゃめじゃもんじゃ』(通常仕様) ジャケット

メディア情報

初の主演映画『夢の音』が、新人監督映画祭の長編コンペティション部門に出品決定。6月22日~28日に下北沢トリウッドにて再上映されるほか、7月より大阪シアターセブン、名古屋シネマスコーレでも上映予定。

ライブ情報

6月4日(火)『眉村ちあき 3rd ワンマンライブ~東京湾へダイビング!~』@東京・新木場 STUDIO COAST

眉村ちあき

まゆむらちあき●1996年9月12日生まれ、東京都出身。株式会社・会社じゃないもん代表取締役社長。"弾き語りトラックメイカーアイドル"として、全楽曲の作詞・作曲・編曲を自ら担当している。2018年9月、トイズファクトリーと晴れて正式契約を結ぶ。講談社主催のオーディション『ミスiD 2019』にて、『ミスiD 2019』と『クリエイティブは最高に優雅な復讐である賞』、『家入一真賞』のトリプル受賞を果たす。ソフトバンクのCM『白戸家ミステリートレイン 新米教師(眉村ちあき)篇』、缶コーヒー『ジョージア』のキャンペーンに出演。また、4月よりNHK Eテレの子ども向けバラエティ番組『ビットワールド』のうたのコーナーに“マーメイドちゃん”としてレギュラー出演中。