イケメン3人組が華麗に太鼓を叩きまくるっ!未体験ゾーン刺激されっぱなしのアツい夜

特集・インタビュー

[2016/12/12 12:27]

イケメン3人による圧巻の和太鼓ショー!!

12月2日に和太鼓ユニット・無限のセカンドライブDVDがリリースされた。無限は2005年に花原京正(ハナハラキヨマサ)、花原秀正(ハナハラヒデマサ)と古里祐一郎(フルサトユウイチロウ)の3名によって結成され、2012年にはあのアヴリル・ラヴィーンのジャパンツアーにも参加した注目のユニット。和太鼓のライブなんてあまり観たことがないし、年末に向けてなんだか縁起もよさそう。「PVアップや!PVアップやぁぁ!!」と狂ったように唱え続け、溜まりに溜まってしまった煩悩を太鼓の音で吹き飛ばすべく、12月2日に開催された彼らのDVD発売日記念ライブに潜入してきました。

<耳マンのそのほかの記事>

会場は下町感あふれるムーブ町屋。どんな感じのライブになるんだろうと少々不安だったものの、どうやら席に座ったまま観賞するスタイルのよう。なんだか女性のファンが多いな……と思ったら、彼らイケメンじゃないですかっ! イケメン大好きのわたしとしては高ポイントっ! 俄然ライブが楽しみでございます。

いよいよライブがスタート。3人は鍛え抜いた二の腕を見せつけるノースリーブ的な衣装を着ていて、その肉体美にクギ付け。お顔もみなさん美しいですねぇ。太鼓を叩く際の細かな動作も作り込まれていてショーとしても楽しい。何よりも、生々しく響きわたり、聴く者の身体を揺らす太鼓の音……。これまでに感じたことのない快&感。すぐに僕の煩悩も吹き飛んだよ。でも気になるな……こんな素晴らしい音を奏でるこの太鼓たちは一体おいくら万円なんだ(煩悩)!

ライブを観ているうちに3人のプレイスタイルの違いもみえてくる。超パワフルな叩きっぷりで、狂ったようなエモーショナルな姿もみせてくれる花原秀正、担ぐタイプの太鼓(かつぎ桶太鼓)の扱いが素晴らしく、テクニカルなバチさばきで魅了する古里祐一郎、ドラムのタム回しのように各種和太鼓を美しく叩き分けるオールラウンダー的な花原京正。3人それぞれにそれぞれの音色があって、どんどん深みにハマっていく。打面をヒジなどでミュートして繊細な音を出したり、打面をこすって効果音的な効果を演出したり、奏法も多彩だ。すごいおもしろいぞ、和太鼓。

花原秀正
古里祐一郎
花原京正

シャッフルのリズムの曲だったり、ダンスミュージック的な4つ打ちっぽい曲だったり、楽曲のバラエティも豊か。後半にはほのぼのとしたMCを挟みつつ、コール&レスポンスを入れながら盛りあげていき、白熱のライブは終了。前半はシリアスな構成、後半は盛り上げ系とショーの流れも素晴らしく、初体験の和太鼓ライブはアッという間に終了してしまった。

後半は観客も巻き込んでノリノリな展開に!

生々しい和太鼓の響きに興奮しっぱなしの2時間。なんでも大太鼓は何の障害もないところで叩くと4キロ先まで聞こえるとのこと。そりゃあ体中に響きわたりますわぁ。ドラム的なフィーリングの演奏も随所で聴けるので、ポピュラー音楽に慣れている人も楽しめること必至だ。

無限の3人による無限に広がるエンタメ性を感じさせるライブ、機会があったらぜひ会場に足を運んでみてほしい。和太鼓ビギナーでもめちゃくちゃ楽しめました! もし僕が女性だったら、3人のなかで付き合いたいのは……(煩悩は続く)。

※無限の3人は和太鼓スクール『TAIKO-LAB』でレッスンも行っているとのこと! 気になった人は要チェックだ。

[Oh!!ビーフ]