【社内イベント探訪】オリジナル曲などレベル高し! 株式会社エーアイエルのライブイベントに潜入

特集・インタビュー

[2018/3/23 17:00]

AIL MUSIC Nightだ!

ITインフラに特化したコンサルティングから設計・構築サービス、『EXCEL女子』といったITリテラシーの高い事務サービスを展開している株式会社エーアイエルが、新宿のライブハウスで音楽イベントを開催するとの情報を小耳に挟みました。『AIL MUSIC Night vol.1』と銘打たれたこのイベントは、音楽を通し社員全員で盛り上がることでリフレッシュできる機会を作ることと、またイベントの様子をSNS等で紹介して、会社のPRに繋げることを目的にされているそうです。スケジュール表を見せてもらうと2部構成で、約2時間といった時間が取られて、これは随分と本格的! 音楽メディアとしては、こういうイベントもおさえておかないと! というわけで、今回はエーアイエルさん主催のライブイベントに行ってきました!

<耳マンのそのほかの記事>

ライブハウス 新宿SAMURAIに到着

開催場所は新宿SAMURAI。2016年6月にオープンしたライブハウスです。地下へと向かう階段を降り、19時ちょっと前に会場入り。会場内はもうすでに、なかなかのお客さんが入っており、みなさん、お酒などを飲みながら、思い思いに開始時間を待っています。ライブが始まる前のこの時間に飲むお酒が、これまた美味しいんですよねぇ……! 19時を少し過ぎ、いよいよこれからイベントがスタートします!

第1部スタート!

はじめに舞台に上がってきたバンドはHappy Hour(松本さん/ボーカル、竹内さん/ギター、石井さん/ベース、足立さん/ドラム)。1曲目『American Idiot』(Green Day)で幕開けです。これは初っぱなから盛り上がりますね! おぉ~、カッコいい。そして、うまい! 演奏がかなりしっかりしているから、聴いてて楽しいです。続いての曲は『Dancing Shoes』(Arctic Monkeys)。いやぁ、この流れ、ロックファンにはたまりませんよね!

オリジナル曲も演奏!

次は石井さんがメインとなるfrom kazushi with TT(石井さん/ボーカル&ギター、竹内さん/ベース、足立さん/ドラム)です。石井さんは普段からfrom kazushiの名義で音楽活動されているそうです。ドラムの足立さんとは高校からの音楽仲間だとか。『Call』『過去の未来』という2曲のオリジナル曲を披露します。石井さんはミュージシャンを目指されていたこともあり(今も?)演奏力バツグンです。ギターを弾きながら歌っている姿がサマになっていて、本当カッコよかった!

しっぽりと聴かせます

続いては、今回のイベントにて社内で唯一(笑)、応募に応えてくれたという張さんがHappy Hourの演奏で『The Actor』(Michael Learns To Rock)を歌います。Michael Learns To Rockはデンマーク出身のソフトロックバンド。美しい旋律と甘くハスキーな歌声が魅力のバンドですが、張さんも引けに取らず、かなり歌がうまくて、じっくりと聞き入ってしまいました!

続いて石井さんがアコースティックギターを弾き、松本さんが『True Colors』(Cyndi Lauper)を歌います。『True Colors』はしっとりと聴かせるのにピッタリな曲ですよね。お酒を飲みながら聴けたら、最高に気持ちよかっただろうなぁ。

第1部のトリは……

早いもので、あっという間に第1部も残すところあと1曲。最後の曲はHappy Hour feat.市川さんによる『女々しくて(ゴールデンボンバー)』。MCの新谷さんが「宴会タイム」と言っていたように、会場は大盛り上がりでした。

フルート&ピアノ!?

第1部、全7曲がこれにて終了。これから約10分間の休憩時間に入ります。みなさん、かなり上手で驚きました。これは第2部も期待大ッ!

後半戦は山﨑さんと松本さんのお二方による『春よ、来い』(松任谷由美)からスタート。フルートとピアノといった、ちょっと変則的な形態での演奏です。フルートとピアノの音色が美しくて心地いい! まさに春を待ちわびるこの季節にピッタリで、思わずうっとりと聞き入ってしまいました。ちなみにこのイベントは、おふたりの動き出しから始まったそうです。

from Kazushi再び!

再びfrom Kazushi(石井さん)が登場。今度はソロです。もちろん今回もオリジナル曲。『Words』は2歳になる自身のお子さんについて歌った曲だそうです。いやぁ、わたくしも自分の子どもに捧げる曲をかけるような、そんなカッコいいパパになりたかった……。もう1曲は『タイムカプセル』。友だちのことについて歌った曲です。年甲斐もなく、胸がキュンとしちゃいましたよ。おっさんが言うと、ちょっと気持ち悪いですね(笑)。

ラストスパート!

またバンドに戻りHappy Hourの演奏です。第1部の方ではいなかった山﨑さんがピアノで入ります。披露するのは『ギブス』(椎名林檎)。残すもあと4曲。ラストスパートをかけていきます。『ギブス』を終えて、そのまま間髪を入れず続けて『Sunday Morning』(Maroon 5)に移ります。おぉ~、この流れ、いいですね。曲の入り方が最高にカッコよくて、かなりシビれましたよッ!

そして社長の登&場!!!

続いては『バンザイ~好きでよかった~』(ウルフルズ)。なんと同社の代表取締役である入江さんがギターで参加するとのこと。社長も参加するなんて本当ステキ! そして、今回この曲でボーカルをとられるのは竹内さん。確かにこの曲は男性が歌った方がしっくりきますよね。

社内No1ボーカリスト

さあ、ついに最後の曲になります。大トリを飾るのは部長の小室さん。MCの新谷さん曰く、同社ナンバーワンのボーカリストだそうです。歌う曲は『ワタリドリ』([Alexandros])。ただ「業務が忙しいので、メールチェックしながらの歌唱になります」と小室さん。要は携帯で歌詞を見ながら歌うとのことです(笑)。この曲はかなりの高音で歌うのは難しい曲だと思いますが、小室さん、裏声を織り交ぜながら見事に歌いきります。さすがナンバーワンボーカリスト!

アンコール!? そして来年も……

アンコールに第1部のシメ曲であった市川さんによる『女々しくて』をもう一度やります。こういうところが社内イベントっぽくていいですねぇ(笑)。最後にみんなで思いっきり盛り上がって、このイベントを締めくくりました。

いやぁ、想像以上にみなさん、うまくて驚いたし、本当に楽しかったです。会社が音楽イベントで一同になって盛り上がるなんて本当ステキなことだと思うし、音楽メディアとしても嬉しい限りですね。「また開催します」とのことなので、その際はまた遊びに行かせてくださいね。楽しみにしておりますッ!

[高山こうすけ]