あのロックスターと一緒に(!?)2017年の夏フェスをゆる〜く振り返る【オバッチの『ロックな食生活』】

連載・コラム

[2017/9/5 17:00]

こんにちは! 『FUJI ROCK FESTIVAL’17』(以下:フジロック)、『SUMMER SONIC 2017』(以下:サマソニ)と大きな夏のフェスが終わり、秋になりました。寝苦しい夏の夜も過ぎて快適な温度で寝れる気候になってきたので、ウチにいるフレディ・マーキュリー(連載第22回参照)もダラダラとごろ寝しているみたいです。

<耳マンのそのほかの記事>

今年はフレディと一緒に夏フェスに行ったので、その思い出を振り返りたいと思います。


QOTSAやエイフェックス・ツイン……フジロックを振り返ろう!

フレディはリュックのポケットに入り込んで、フジロックへやって来ました。

フジロックの会場でフレディは不思議な赤い生物と遭遇します。
フレディ「この赤い奴は一体なんなんだ??」
この子はゴンちゃん。フジロックのキャラクターです。会場中にたくさんいる石や岩にペンティングされたオリジナルキャラクターなんですね。

今年のフジロックではたくさんのゴンちゃんグッズが販売されました。フレディと一緒に写っているのはゴンちゃんのキーホルダーです。大人気で初日には売り切れてしまったそう!

ポカリスエットのブースにあったてるてる坊主と記念撮影をしてみたフレディ。
雨が降らないと良いな……。

しかし、そんな願いもむなしく雨は降りました。フレディはビニール袋でレインコートを作って着てみました。
雨が降ってもみんなすぐレインコートを着て対応していてすごいな。

「これで雨をしのぐぞ」

初日は、過去に2度もフジロックをキャンセルしたクイーン・オブ・ザ・ストーン・エイジも無事に来日し、これぞアメリカのロックバンド!という貫禄のライブをみせつけてくれました。

2日目は雨の中で観たエイフェックス・ツインが印象的で、VJの最高におもしろい映像で腹筋が崩壊しました。

3日目はビョークが圧倒的な存在感で唯一無二の歌声を山に響かせていました。

前夜祭含め4日間、フジロックを満喫したフレディ、感想をどうぞ!

「雨は嫌だ!」

「酒がおいしい!!」

「フジロック楽しい!!!」

フレディも初めてのフジロックを満喫したみたいですね。


フー・ファイに大興奮! サマソニを振り返ろうっ

フジロックでフェスの楽しさを知ったフレディがサマソニにも行きました。

山のフェスのあとは海が見えるフェス! サマソニにはなんと海を眺めながらライブが観れるステージもあります。

「貝だ! 貝があるぞ! わーい!」

サマソニのメインステージは、ZOZOマリンスタジアム(マリンステージ)です。フレディは、スタジアム前にある千葉ロッテマリーンズのオブジェに興味津々。

「チャンピオンと言えば、俺たちクイーンの『ウィーアーザチャンピオン』だな」

「暑いからアイスを食べた! パピコというのか!」

マリンスタジムから幕張メッセまでは迂回して歩くので時間がかかります。そんなときはバスを使えば楽に移動ができるのです。

メッセ内はこんなに素敵な飾り付けもあって、とてもキレイ。

「羽が生えたようだ!」

いろんな絵が会場に内に展示されていますね。

「あれ?」

「こ、これは俺がモデル???」

今年のサマソニで素晴らしかったのは、とにかくフー・ファイターズ。 ゲストにイギリスのシンガーソングライター、リック・アストリーが飛び入り! そして、ドラムヘッドに故・クリスコーネル(サウンドガーデン)の肖像が描かれていて、泣けた。デイブ・グロール(ギター、ボーカル)とテイラー・ホーキンス(ドラム)が入れ替わって演奏した曲はなんとクイーンとデヴィット・ボウイの共作である『アンダー・プレッシャー』でした。フレディを連れて行った私は、この選曲に震えました。

サマソニを満喫したフレディ、感想をどうぞ!

「まさか自分の曲をカバーしているライブを観ることになるなんてビックリだ! サマソニも最高に楽しいぜ!」


楽しかった夏フェスが終わって……

フレディ「はぁ~夏フェスも終わってやる気ないなぁ」
ゴンちゃん(こそこそとフレディに近づく)

ゴンちゃん「はい、これ」
フレディ「え??? なんでだい??」

ゴンちゃん「フレディさん、お誕生日おめでとう」
フレディ「あ、ありがとう。そうだ、9月5日は僕の誕生日だった。忘れてたよ」

ゴンちゃん「今年の夏フェスはもう終わるシーズンだけど、来年もあるから」
フレディ「そうだね。来年はどんな出演者になるか、今から考えるのがまた楽しいんだな」
ゴンちゃん「また来年も一緒に行きましょう」
フレディ「ゴンちゃん!!!」

フレディも、フジロックで出会ったゴンちゃんと来年の夏フェスを楽しみにしているようです。
夏フェスは終わった直後に寂しい気持ちになりますが、来年の出演者の予想をしながら、楽しみに次の開催を待ちましょう!


【著者紹介】

オバッチ(ジャケ弁職人)
本職は印刷関係のデザイナー。料理の腕は人並み、手先は器用。好きなミュージシャンはレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ナイン・インチ・ネイルズ、ベン・ハーパー、岡村靖幸など。いつかザック・デ・ラ・ロッチャさんにお弁当を食べてもらうのが夢です。

[オバッチ]