【中古楽器を漁る旅】宮城マリオの『中古沼ジャンク沼』〜ハードオフ秋葉原1号店〜

連載・コラム

[2018/1/31 11:30]

リアルな楽器も大好きなエアギタリスト宮城マリオが全国の中古楽器店を巡る新連載でございますっ!

秋葉原で中古楽器漁りだ

楽器大好きエアギタリストの宮城マリオです。もともとエレキギターが大好きで、その延長でエアギターを始めたら、そちらの方が世間から高く評価されてしまった人間です。世の中、何がどうなるかわかったもんじゃないですね。一寸先は闇ですが、その闇の中には果たして何があるのだろう……、と闇の中を楽しむスタイルで生きてきて、本厄だった去年はとても楽しく有意義な1年でした。後厄の今年はどんな1年になるのかとても楽しみです。楽しみなので厄払いはしません。

今回は、ハードオフ秋葉原1号店へ来ました。秋葉原は仕事でよく来る街なので、このハードオフへはそのたびに立ち寄っています。楽器館のほかジャンク館もあって、機材を購入したことはもちろんありますし、買い取ってもらったことも一度や二度ではありません。そんな馴染みのお店へレッツゴー。

<耳マンのそのほかの記事>

まず最初に、毎回悩み苦しみ楽しんで選んでいる読者プレゼントの“候補”をずらずらと紹介します。(※以下の商品は取材時2017年12月に店頭にあったものです)

B1のジャンク館のレコードコーナーにあったセルジオ・メンデス&ブラジル’66の名盤『マシュケナダ』のレコード。これとてもポップで楽しい内容で大好きなアルバムなんです。

同じくJUNK館にあったカセットテープ。いまの若いひとにはあまり馴染みのないメディアかもしれませんが、いいんですよ、カセットテープ。

JUNK館でふと上を見てみたら、カセットテーププレイヤーがこれでもかと大量に。なんでも、某業者さんから売りたいとの連絡があったのでトラックで乗り付けて買い取ってこられたそうです。これとさっきのカセットテープを組み合わせるのもいいかもしれない。

『珠玉のポピュラー・ヴォーカル大全集』というCD10枚組BOXセット。内容は著名な歌手が歌うジャズやポップスのスタンダード集でした。ナット・キング・コールとかエラ・フィッツジェラルドとかサラ・ヴォーンとかによる、誰しもいつかどこかで耳にしたことある歌ばかりが入っていて、これもいいものだな。でもいまの若いひとたちはCDプレイヤーをけっこう持ってないらしいんだよなー。

3階の楽器間にあったBOSSの多機能メトロノーム。これぼくも持ってるんですが、練習捗るナイスツール。

ぼくが若い頃に出た名盤。衝撃的なかっこよさでした。でもいまの若いひとたちはCDプレイヤー……。

ぼく、子どものころからピアノを習ってたのでクラシックも好きなんです。リスト、いいんだ。5枚組でこの値段はとても魅力。でもCDプレイヤー……。

このギターは安くて読者プレゼントにいいかも!と手に取ってみたらむちゃくちゃ重かったのでやめました。尋常じゃない重さでした。はい、この中から果たして何がプレゼントになるのか。最後まで読んだらその答えがあるので読んでください。何卒よろしくお願い申し上げます。


魅力的すぎるジャンク館&楽器館

ということで、まずは掘り出し物を探しにジャンク館に足を運びました。

ジャンク館はB1にあります。

いきなりこれは! 動作未チェックで、故障してなかったらラッキーな逸品。故障してたら、うん、まあ、しょうがないか、と諦められなくもない絶妙な価格。迷わず買いました。後日、アダプターを別途購入して繋いでみたところ、ちゃんと故障してました。真性ジャンク。うん、まあ、しょうがない。

ちょっとした小物もジャンクコーナーで買うと安い。こういうところも好きです、ハードオフ。

B1のジャンク館から3階の楽器館へ。

充実のギターコーナー。

手頃なサイズのアンプもいろんなのがある。

気になった台湾製のミニアンプ。60Wだってよ! けっこう大きな音が鳴らせるっぽいぞ!

エフェクター関係も充実。この中にはぼくが買い取ってもらったのがまだありまして、感慨深かったです。赤いやつだよ! 誰か買ってって!

アクセサリーも充実!

ちょっと気の利いた感じのケーブルもあるのが秋葉原っぽい! と、あれこれ見てたらギブソンのQシリーズのQ-200を発見! 僕の大好きな1980年代のギブソン。「こ!これはー!」と驚いていたら、店長さんから「もっとすごいのありますよ」と見せてもらったのがこちら。

左がQ-200で右がQ-80!

まさかのQ-80でした。Qシリーズのベース。この2本が揃って売ってるの素敵だ。どこかのマニアから2本いっしょに買い取ったのかと思ったら、まったく別の日にまったく違う人がそれぞれ売りに来られたとのこと。なんだかいい磁場があるんだな。さすが秋葉原のハードオフ。

このQシリーズ、最初期のギブソン・カスタムショップ製なんです。古いカスタムショップのロゴがヘッド裏に! こんなのが生で見られる、売ってる、まさかの出会いがあるよ、ハードオフ。

ということで、今回のプレゼントはこちらでございました。aiwaのカセットテーププレイヤーと、カセットテープ2本のセットです。カセットテープは、石原裕次郎『錆びたナイフ/嵐を呼ぶ男』と谷村新司『いい日旅立ち/22歳』という昭和の名曲たち。カセットの再生ボタンをガチャッと押すと音が鳴るのを楽しんで! 平成最後の年に、昭和の雰囲気を楽しんで!

この立地ならではの引力

はい、とても堪能させていただきましたハードオフ秋葉原店。今回紹介したものは現在ではもう売れてしまってるかもしれませんが、新しい素晴らしい何かがまた入荷してることでしょう。PRSとかギブソン、フェンダーのカスタムショップなどのハイエンドな機種ももちろん置いてあります。秋葉原へ行った際にはぜひともお立ち寄りください。ジャンク館なんてもう、毎回行くたびに全然違うものがありますよ! 通うたびに新しい出会いがある、それがハードオフ。電気とアイドルと萌えの街、秋葉原にあるハードオフ。この立地ならではの引力で集まる逸品たちへ出会いに行こう!

ということで、また次回! 次はどこの沼へ!?

プレゼント

マリオさんがジャンク沼から救出した(=購入した)aiwaのカセットテーププレイヤーと、カセットテープ2本のセットを1名様にプレゼントします! 詳細は耳マンのTwitterをチェックだー! マリオさん素敵ーーィィ!!

ハードオフ 秋葉原1号店

住所:東京都千代田区外神田3丁目11−2
営業終了:11:00~20:00(年中無休)
電話番号:03-6206-4861

[宮城マリオ]