関ジャニ∞がムーディーに『つぐない』演奏……久々登場、丸山隆平のニューベースもシブかった

連載・コラム

[2016/10/3 19:12]

JUJUがオススメするスナックでの楽しみ方!

関ジャニ∞による音楽バラエティ番組『関ジャム 完全燃SHOW』の10月2日放送回のゲストはJUJU。トークコーナーでは、JUJUが10月26日にカバーアルバム『スナックJUJU ~夜のRequest~』をリリースすることにあわせて、“スナック寿々”のママに変身。同じくゲストの浅草キッド・玉袋筋太郎とともにスナックでの楽しみ方やオススメのカラオケソングをレクチャーしていった。

『関ジャム 完全燃SHOW』オフィシャルホームページ

『つぐない』をボサノバアレンジで

名物のセッションコーナーでは、スナックにぴったりの曲ということでテレサ・テンの『つぐない』(1984年)を演奏。メンバーにはJUJUのほか、関ジャニ∞から渋谷すばる(ボーカル)、錦戸亮(ギター)、丸山隆平(ベース)、大倉忠義(ドラム)、そしてサポートのピアノ、ギター、パーカッションが参加。テンポを落としたボサノバアレンジで、それぞれのプレイがじっくりと楽しめる演奏となった。

めっちゃムーディーな関ジャニ

渋谷は、JUJUも「すごく声が高い」と驚いたハイトーンボイスを響かせて主メロもハモリも艶やかに歌い上げ、大倉はパーカッションとうまく息を合わせた色気のあるドラミングを披露。錦戸は演奏前こそ「難しい」と困惑気味だったものの、ジャジィな音使いの好アプローチを聴かせ、ギターソロではタメの効いた玄人好みのプレイを展開。少しモタらせてムーディーにソロに突入するも、丸山&大倉がそのタイミングをしっかりとキャッチしており、バンドとしてのコンビネーションのよさをうかがわせた。使っていたギブソンのセミアコースティックギターもいい!(番組初登場!?)

オリジナルプレシジョン!シブい!!

久しぶりの登場となった丸山は、おそらく同番組では初登場となるオリジナルプレシジョンタイプのベース(Fullertone Guitars製?)を使用しており、こちらもかなりシブいチョイスであった。経過音などを挟み込んだジャジィなベースラインを親指弾きでマイルドに紡いでおり、安定感も抜群。以前にも同番組を観て感じたことだが、関ジャニ∞は大人っぽいアレンジの楽曲との相性がよさそう。ぜひともフルメンバーでのジャジィな演奏も聴いてみたい!

今回も非常に楽しめたセッションコーナー。次回の放送は10月9日。2月以来、再びさだまさしがゲストで登場する。詳細は番組ホームページで確認してほしい! 放送が楽しみだ!

[Oh!!ビーフ]