ピエール中野と東京トリックアート迷宮館に行こう!【バイブス探検隊/トリックアート編】

連載・コラム

[2018/4/20 12:00]

爆笑しまくりのトリックアート

ピエール中野(凛として時雨)とバイブスあふれるスポットに潜入する『バイブス探検隊』の第10回。「暖かくなってきたし、なんかトリッキーなことしてぇな」ってことで、今回は東京・お台場のデックス東京ビーチにある『東京トリックアート迷宮館』に潜入してきました。隊長にいろんなトリックアートを体験してもらって爆笑連発の探検隊(大人男子4名)。この日、施設にいた方々、大変お騒がせしてすみませんでしたぁぁぁ!

デックス東京ビーチに到着した探検隊。昭和のレトロ感ただよう台場一丁目商店街で早速隊長が寄り道をカマしてくれた!
怪しい中身のガチャ『コスモス』で“当たり”のステッカーをゲット。「今回もツイてる!」(隊長)
東京トリックアート迷宮館に到着

2017年4月にリニューアル

東京トリックアート迷宮館は2011年にデックス東京ビーチシーサイドモール4Fにオープン。“江戸”をテーマとしたトリックアートが楽しめる施設としてオープン以来人気を博し、2017年4月にリニューアル。施設内の“江戸テーマゾーン”がスケールアップし、さらに魅力ある施設へ生まれ変わったとのこと! これは楽しみだ!

いろんなエリアがあるようだ!
早速、入場してすぐの撮影スポット。可愛い町娘と並んでおすましショット……
と思いきや、いきなりこれもトリックアート! 町娘、横にびろーん
もう休憩かよ……と思ったらこれも座ってるように見えるだけ。すごい

江戸の街で隊長が煌めく

入場してしばらくはリニューアル&パワーアップした“江戸テーマゾーン”が続く。和風な世界観のなかでさまざまなトリックアートが楽しめ、フォトジェニックな隊長の魅力が炸裂しまくるのであった。では、隊長の傑作集をご覧くださいませ。

こんなにトリックアート映えなドラマーほかにいない!
鏡があるみたいにみえる部屋。蟹座同士
でっかいピエール
ちっさいピエール。忍者の意味!

30年後のピエール中野に会えた

続いては『愉快な忍者とお化けエリア』に潜入。トリックアートだけでなく、隠し扉的な罠があったりしてほっこり楽しいエリアだ。そして30年後のピエール中野の姿も……!?

目の錯覚で同じサイズのものが大小に見えるやつ
全部同じサイズであることが判明してこの顔
トップドラマーの座を狙ういろいろな刺客に襲われる隊長
隠し扉だー!ってやったらコイツ
こちらが現場で大人気だった30年後のピエール中野さん。「中野さん、ドラムやりすぎて真っ赤になっちゃった!」とか「スティック頭に刺してる!」とか「めっちゃ優しい顔!」とか謎のハイテンションで大爆笑が巻き起こる
「まだまだがんばりますよ!」

雰囲気一転、名作ギャラリーへ

忍者&お化けのエリアを抜けると『トリックアート名作ギャラリー』が登場。読んで字のごとし人気のトリックアートが楽しめるエリアである。それまでの世界観と打って変わって洋風に。雰囲気がガラッと変わってまた楽しいですなぁ。

作品名『中野、後ろー!』(※恐竜のやつ)をはじめとした傑作たち。隊長の素晴らしいモデルっぷり。空飛んでるやつ完成度高すぎ。
そして生♡首

最後まで楽しい!

その後は『脳トレコーナー』、そして定番のお土産エリアがある。お土産コーナーにも仕掛けがあって最後まで楽しいのである。

ぐるぐるを凝視してから隣の雲の絵をみると「何これ、めっちゃモコモコする〜!」となる
絵の具が入ったカンに注目。すげぇ
絵のなかに隠れた生き物を探す。ぱっと見でもいくつかわかりますねぇ
お土産コーナーで隊長がザワザワ。「うおー!千円落ちてる!やっぱ今日ツイてる!」ってこちらも床に描かれた立体的なお札でした
出口も撮影スポットになっている。ドア前に立って「キャー!」みたいなやつを撮りたかったのに……なぜか殺る側にまわった隊長。サイコパス!

友達たくさんで来たら絶対楽しい

「今まででいちばん笑った取材だったんじゃないですかね。これは友達と来ると絶対に楽しいと思います! それぞれのスポットにポーズの参考例が掲示されてはいるんですが、オリジナルのポーズに挑戦してみると思いがけない爆笑が生まれると思います。個人的にはドラキュラみたいなやつにグラスで捕らえられてるカットが気に入ってます。思わず中指立てちゃって。最後の最後まで戦うんだっていう、諦めない心が自然と沸いてきたんですよね。それってミュージシャンとしても大切にしてるところなんです(ドヤ顔)。和と洋でメリハリがあって、コンパクトだけど規模感もちょうどよかったです。とにかくめっちゃ笑いました。みんなも友達と一緒に遊びに来てみたらどうでしょうか!」

ビパラポップ!について聞いてみた

5月6日にさいたまスーパーアリーナにて、歌手・大森靖子と隊長がプレゼンターを務める音楽フェスが開催される。注目フェスについても聞いてみた。
「ミュージシャンが先頭に立つフェス、しかも今回の『ビパラポップ!』のようなアイドル系のフェスってまだまだ少ないんです。だから大変な部分もやっぱりありましたけど、僕らを信じて参加してくれる素晴らしい出演者の方々に本当に感謝しています。このフェスならではのステージだったり、雰囲気が楽しめると思いますので、僕もめちゃくちゃ楽しみにしてます。まだ終わってませんけど、これからも続いていくフェスになるようがんばっていきたいです」

『ビパラポップ!』ホームページ

さてさて次回はどんなバイブスに出会えるのか!? 新たな感動を求めてSAY!バイブス!

プレゼント!

飛び出すお相撲さんがデザインされたポストカードにサインを入れて1名さまにプレゼント! 詳しくは『耳マン』のTwitterをチェック!

ブレてるわけじゃないよ!

東京トリックアート迷宮館

住所:京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ シーサイドモール4F
電話番号:03-3599-5191
営業時間:11:00~21:00 (最終入館 20:30)
※不定休:デックス東京ビーチが休館の際などに休館

【料金】
大人(高校生以上):1,000円
小人(4歳〜中学生):600円
3歳以下:無料

プロフィール

ピエール中野●3人組ロックバンド、凛として時雨のドラマー。手数、足数を駆使した高度なテクニックと表現力で、豪快かつ繊細な圧倒的プレイスタイルを確立。サブカル的な独自の視点と卑猥なマイクパフォーマンスでごく一部のファンから熱狂的な支持を得ている。ドラムメーカーであるTAMA からは、日本人初となるシグネチャードラムセット発売、シグネチャースネアの予約即完売など、前例のない功績を残した。また、凛として時雨とは別に、新バンドZiNG、4人組即興ユニット・カオティック・スピードキング、ヒップホップ集団・玉筋クールJ 太郎などでの活動、DJ やコラム連載など、ドラマーとしての可能性を模索し、幅広く精力的な活動を展開している。

[Oh!!ビーフ]