結婚しても梨華ちゃんのことを好きでいていいですか?【推しメンが結婚しちゃった日記】

連載・コラム

[2017/6/30 17:00]

元モーニング娘。の石川梨華に10年以上“ガチ恋”を続けているドルヲタのふちりんによる完全ノンフィクション連載。梨華ちゃんに健気に恋をする彼が、2017年3月13日に結婚した彼女への想いを、結婚が近いという報道があった2017年元旦から振り返り繊細に紡ぐ。(ガチ恋……アイドルにガチ(本気)で恋をすること)


3月8日水曜日

行きつけのバーにて

 大宮駅前にある行きつけのバーに行き、やけ酒を飲みながらなんとなく卓上カレンダーを見ていると、梨華ちゃんが入籍すると報道された3月30日が“大安”だったため、不安な気持ちになりました。しかしバーのマスターが、「事務所が否定しているんなら、梨華ちゃんがその日に入籍することはないよ」と断言してくれたので安心しました。

<耳マンのそのほかの記事>

 「もし本当に3月30日に入籍するなら、事務所が今さら否定する必然性がないよ」と続けてマスターは言います。「梨華ちゃんは事務所に報告してないのかもしれません」と僕が告げると、「15年以上もお世話になっている事務所に、そんな大事なことを報告しないわけがないよ」とマスターは答えました。
 「マスターの言うことはもっともだ。3月30日は大安だけど、その日に入籍することはなさそうだ」と思い、僕は足取りも軽く帰路につきました。

(画:ふちりん)

3月10日金曜日

「結婚しても梨華ちゃんのことを好きでいていいですか?」

Twitterを見ていたら不穏なツイートが散見されたので、「え? また梨華ちゃんの身に何かあったんですか?」と思いました。

 僕はすぐに精神安定剤を飲んで、震える手でマウスを握り、インターネットの記事を見ます。「入籍は3月30日じゃないよ、もっと早いよ、13日だよ、という意味で、事務所は否定していたのか」と思いました。その発想はなかった。少なくとも3月30日までは安心だと思っていたから、ショックは大きかったです。
 僕はその記事で、梨華ちゃんの彼氏の顔を初めてまじまじと見ました。そして「確かに僕と少し似ているけれど(顔が似ていると言われたことがある)、僕のほうがかっこいいな……。選ばれなくて残念だ」と思いました。「離婚するまで待つことにしようかな」とも考えましたが、「それはさすがにつらすぎるだろう。身が持たないからやめておいたほうがいいぞ」と自分に言い聞かせました。

 昨日、5月4日に開催される梨華ちゃんのディナーショーの当選がわかって、6日後までに1万5,000円を支払わなくてはなりませんでしたが、支払いたくなくなってきました。ヲタのみんなは「梨華ちゃん結婚おめでとう!」と祝福するだろう。僕はそんな気にはとてもなれないだろう。まだ早すぎる。祝福できるようになるには、もっと時間が必要だ。

 元ハロプロヲタの友人と飲んだときのことをふと思い出しました。そこで「梨華ちゃんが結婚しそうで、つらい日々を送っているんだ」と告げたところ、「まあ、結婚してもセックスしない夫婦もいるから」と慰められたのでした。そう思い込むことにするしかなさそうだ、と思いました。

 でも、まだ梨華ちゃんのブログでは何も発表されてないから、もしかしたらすべて誤報かもしれない。そもそも、彼氏がいつプロポーズしたとか、13日に入籍とか、どうやったら部外者が知れるのだろうか。マスコミは神の視点から世界を見ているのだろうか。

 だんだん家に1人でいるのがつらくなってきた僕は、行きつけのメイドカフェ(大宮アイドールではない)にやけ酒を飲みに行きました。店内では侍ジャパンの試合が放映されていて、メイドさんに「あ! ふちりんさん! 野球を映しててごめんね!」と謝られ、こちらが申し訳ない気持ちになりました。
 そのメイドさんは、「梨華ちゃんの彼氏の写真見たけど、ふちりんさんのほうがかっこいいですよ。なんで梨華は!」とぷんぷんしていました。本当にそう思っているかどうかはわからないけれど、僕にはその優しい気持ちがありがたかったです。
 メイドカフェを出て1人で夜道を歩きながら梨華ちゃんのことを考え、僕はいまだに梨華ちゃんのことを好きすぎている、と思いました。5月4日のディナーショーの握手会で「梨華ちゃんが結婚しても梨華ちゃんのことを好きでいていいですか?」と言ってしまいそうだ。困らせてしまうだろうか……。

(画:ふちりん)


【著者紹介】

ふちりん●1980年生まれ、埼玉県出身。おひつじ座のA型。2003年頃より当時モーニング娘。のメンバーであった石川梨華へのガチ恋を開始。その赤裸々な想いを綴ったブログやTwitterが一部のアイドルファンの間で人気を呼ぶ。趣味は読書やサッカー観戦、アイドル鑑賞、ベースを弾くこと。好きな作家は村上春樹、太宰治、中村文則。

[ふちりん]