『音鳴(オトナ)の玩具(オモチャ)』第8回:赤いサッカーパンダ

連載・コラム

[2019/1/25 13:00]

漫画家・イラストレーターの福島モンタが、音の鳴る香ばしいおもちゃを紹介していきます!


童貞!?

みなさま、いかがお過ごしでしょうか? 福島モンタが音の鳴るおもちゃを紹介する『音鳴(オトナ)のオモチャ』第8回は『赤いサッカーパンダ』です。

赤い。

なぜ赤い。

上野のシャンシャンの愛称募集の街頭インタビューで子どもがつけた『ピンクピン太郎』がかすむほどの赤みだ。

箱には「FOOTBALL DOTEY」とある。

フットボール ドーテイ……。

童貞なの??

や、やめろよ!

か、可哀想だろ、バラすなよな~~。

箱の裏面にアクロバティックな動きが!

ほう。ほほう。

鼻の上のボールが回転してね~。

ははーん。

さてはお前、元オットセイだな!

中華玩具にありがちなガワだけ変更のアレだろ!

早速動かしてみる。

音楽が古い。

「サッカー」イコール「オーレーオレオレオレ~ウィーアーザチャーンプウィーアーザチャーンピオン」って。

Jリーグ元年か。平成も終わるというのに。

あれ?

鼻のボールの回転を利用して床を這いずる動きは?

あー、壊れてるよ~。これも中華玩具あるあるだよね~〜。

手の反動で起き上がる仕組みみたいだが、ツルッと滑って上手く起き上がらないみたいなので、手に滑り止めを貼ってみる。

あー、もう少し、惜しい!

がんばれ! がんばれ!

行け!童貞! がんばれ!

逆上がりと同じだ!

一回出来れば出来るようになる!

見かねて、アシストする。

あれ?

ボールの回りのギザギザもあまり役に立ってないのでここにも滑り止めを。

まったく、手のかかる童貞野郎だぜ。

よし、これならイケるかも!

がんばれ!

童貞卒業だ!

いけー!

「ウィーアーザチャンピオン マイフレ~ン♪」

クイーンになっちゃった。

おしまい。

[福島モンタ]