「バンドマンの闇営業」タケムラ アキラ(SNAIL RAMP)『炎上くらいしてみたい』

連載・コラム

[2019/7/2 12:00]

1990年代後半から2000年代のバンドシーンを牽引したSNAIL RAMPのフロントマン・タケムラ アキラが書きたいことを超ダラダラ綴っていく新連載!


現在は『名古屋の名門・ホテル長楽』について書きかけなのだが、いま世間を賑わせているのが人気芸人さんたちの「闇営業」ということもあり、「バンドマンの闇営業」について触れてみたい。

芸人さんたちの闇営業、吉本興業の報酬システムにも問題があるから闇営業に走らざるを得ないとか、その場にまさか反社会的勢力の人間がいるとは思わなかったとか、納得できるようなできないような、さまざまな理由もあげられている。でもバーンと売れる前の芸人さんたちであれば、闇営業での収入にたまらない魅力を感じるのは芸人ではない俺にもよくわかる。

さて、ここで我が身も含めて振り返ってみるとしよう。「バンドマンの闇営業」についはどんなモンだろう。そもそも「バンドマンの闇営業」が成り立つには、マネジメント契約をしたバンドである大前提があり、事務所とマネジメント契約をし、売り上げを事務所に納め、何かしらの対価(定額の給料制なり、歩合なり)をもらうという構図が成り立たねばならぬ。

ただバンドにおいて「マネジメント契約が成り立つ」という状態は、すでにそこそこ売れている場合がほとんだ。そうでないとマネジメント契約を結ぼうなどと誰も思わない。そのマネジメント側に内緒で行う「闇営業」はバンドで言うならばやはり「ライブ」だ。しかし芸人さんたちと決定的に違うのは「身ひとつでは行けない」こと。芸人さんたちであれば「衣装」「小道具」があれば、何かしら営業をできる人が多そうだが(できねぇよ!って人もいるとは思います)、バンドマンがライブをやろうとするとそういうわけにもいかない。

最低でも楽器、できれば自前のアンプ、ライブのクオリティをある程度確保するなら、PAオペレーターやローディーといったスタッフも連れて行きたい。さらには「現地にあるモニターの系統、サウンドシステムもチェックしておきたい」となると、「メンバーだけタクシーで行き、サクッと闇営業」とはいかず、「だったら事務所通してライブやるほうが楽だよ……」となってしまう。

となると「闇営業でライブ」をするバンドはむしろ稀で、あるとすればどこかのバンドに自分ひとりだけでゲスト参加、1曲〜2曲セッションして終わりってパターンではなかろうか。でもそんな感じのセッションをやる間柄って、もともと仲のいいバンドだろうからギャラっつってもせいぜい数万円だろうし、その程度で「闇営業」と目くじらを立てる事務所も、まあ珍しいんじゃないかな。

むしろよくあるのは本業以外の部分であろう。おそらく一番多いと思われるのは、イベントでのDJ。バンドマンが回すクラブイベントってのは結構あるし、知り合いのバンドがワンマンを開催、そこでの客入れからライブスタートまでの間、DJを担当するなんてこともある。でもねぇ、規模が規模だから。ギャラなんかたかが知れていますよ。

そう考えると「バンドマンの闇営業」ってかなりやりづらいし、やったところで旨味もない。趣味の延長線上だったり、友だちとの付き合いで「事務所通すとギャラが発生したりして大変だろうから」という気持ちでの友情出演が「バンドマンの闇営業」になるのであろう。

ちなみに今回の渦中にいる「雨上がり決死隊 宮迫さん」には、1回だけお会いしたことがある。渋谷AXでライブをしたときに、縁あって楽屋を訪問してくれたのだ。

俺たちは「うわー、宮迫だ(呼び捨て)」と気もそぞろだったが、宮迫さんは俺たちSNAIL RAMPに特に興味があるわけではなかったはず。それでも「サインもらってもいいですか?」とわざわざ言ってくれ、俺たちは宮迫さんの着てたTシャツにサインをした。俺は「あー、こういう気の使い方をしてくれる人なんだ」と驚いた記憶が鮮明だ。

そして最後になったが、俺の闇営業の話をしようか。実は今もやってんだよ……。絶賛、闇の営業中。それは、このコラム『炎上くらいしてみたい』だ。

これはマネジメントを通さずに受けている正真正銘の、紛う事なき(まごうことなき)闇営業。『耳マン』編集部すらこれを読んで「マジかよ!」となってるだろうが、これマジね。

でもこの連載を始めて、すでに2年?3年?いまだうちのマネジメントは気付いてないからさ。もうこのまま行っちゃえばいいんじゃない?

バレたら連載終了ってことで!

タケムラアキラ

竹村哲●1995年にスカパンクバンドSNAIL RAMPを結成。2000年にリリースしたアルバム『FRESH BRASH OLD MAN』でオリコン1位を獲得するなど、一時代を築く。バンド活動と並行し、2001年からキックボクシングを始め、2014年10月に43歳の年齢でNKBウェルター級チャンピオンに輝く。2015年12月12日には後楽園ホールにて引退試合を行なった。SNAIL RAMPは現在、“ほぼ活動休止”中。