ギターがうまい芸人と言えばこの人! 松浦真也のギター愛&音楽愛に迫る

連載・コラム

[2016/4/29 12:00]

『小籔千豊率いる吉本新喜劇ィズでの活動』
真也は現在、小籔千豊率いるバンド、吉本新喜劇ィズのギタリストとしても活動中だ。このバンドは、2014年に下ネタラップユニット“ビッグポルノ”を解散して以来、沈黙を守ってきた小籔が新たに仕掛けたロックバンド。メンバーは真也のほか、吉本新喜劇から小籔(ドラム)、宇都宮まき(ボーカル)、金原早苗(キーボード)、そしてチャットモンチーの福岡晃子(ベース)という面々だ。2月5日に大阪・なんばROCKETSにて初ライブを行い、同月27日にはチャットモンチー主宰のフェス『こなそんフェス』にも出演。今後の活動にも注目だ。

吉本新喜劇ィズ。左から真也、福岡晃子、宇都宮まき、金原早苗、小籔千豊

「吉本新喜劇ィズではフェンダーのストラトを使っていて、久しぶりにエレキを弾いてます。最初はやっぱりアコギのほうがええなぁって思ったんですけど、最近エレキも楽しくなってきてます。アキコさん(福岡)はやっぱり音作りからプロなので、“ちょっと音が薄い”とかアドバイスくれたりして勉強になってます。また『ハイウェイ・スター』(ディープ・パープルの代表曲)から練習しようかなぁ(笑)」

真也のカッティングが冴えまくる!


『真也にとってのギター』
素晴らしいギターの技術、そして運命的な出会いで結ばれた愛器とともに今後もギター芸人の代表格として活躍していくだろう真也。最後にそんな彼に「ギターとはどんな存在なのか」を聞いてみた。

「そうですねぇ……ギターが特別に好きとかっていうことはあんまり考えたことなくて。例えばギターのキーホルダーを買っちゃうとかそういう愛情は全然ないんです。なんて言うのかな……言葉以上にいろんなことが表現できる道具っていう感じですかね。今じゃギターを持たずに舞台に出たらごっつい不安になります。うん、そういう感じのものですね!」

5月5日の『アメトーーク!』にも出演するぞ!
ギター演奏を“芸”の域にまで昇華し、笑いを生み出す松浦真也。そんな彼は5月5日に放送される『アメトーーク!』の“チョット弾けます ギター芸人”に再び出演することも決定ィ! ぜひこちらもチェックして、彼のギタープレイを楽しんでほしい! 真也さん、あざっした!

【松浦真也出演情報!】
なんばグランド花月で開催される特別公演『THE 舶来寄席 2016 OSAKA and TOKYO』に真也が登場! 真也の出演は5月11日(水)~18日(水)。こちらもチェックー!

[耳マン編集部]